PPnR inc.

デザインやネットショップ、40歳から考えたい話題や趣味の話

スポンサーリンク

カラーミーショップさんの店長交流会に参加しました。〜ネットショップの運営と集客〜

先日はカラーミーショップさん主催の店長交流会に参加。
多くのカラーミー店長さんとお話できて、実りの多い交流会でしたね。

店長さんの憂鬱

多くのお店が、集客、デザイン、広告、写真などいろんな課題を抱えておられていたようですが、なかなかそれを相談できる人や場所がいないという孤独感もあったそうです。
よそのお店の店長さんはどうやって集客してるの?広告は?htmlも勉強しなくちゃいけないの?といったようなお話まで。
「店長は孤独だ」という話は度々聞きますが、ここまで深刻だということは想像もしていませんでした。

僕自身はお客さんのお店を作ることが多いので、当然お客さん(店長さん)からは、事あるごとに相談されますし、それがあたりまえだと思っていました。
ネットショップの運営について不明なことがあれば、お客さんに聞いてみたり、友人・知人に聞いてみたり。
こういったことが難しいのは、完全に一人でやってらっしゃる方で、どこに聞いたらいいのかわからないといった感じだったんですね。

写真の撮影・加工

これはまた事例も交えてブログにまとめようと思いますが、撮影についてもやはり難しいという意見を聞きましたし、カラーミーさんでもそういったコンテンツを用意しようというお話をされていましたね。

機材で言えば
一眼>ミラーレス>高級コンデジスマホ≧低価格コンデジ
の順番で画質が変わると思ってください。

重要なのはjpegだけではなく、RAWで撮影できるということです。
RAWの現像にはできればPhotoshopなんかのアプリを利用してもらいたいところですが、なければデジカメに付属のアプリでも現像できますし、機能的には十分です。

そして撮影する時間帯をある程度決めてしまうということも大事です。
照明を使う場合はそれほど意識する必要はありませんが、自然光のもとで撮影される場合は時間によっても色が大きく変わるので気をつけてください。

他にも撮影ブースの存在や、照明の当て方など、こういった話も盛り上がっていたようでしたね。

売れるお店のこだわりポイント

ざっと5つほどのポイントがあるようです。

  1. こまめな対応
  2. 手描きのメッセージ(領収書や納品書の名前だけでも手書きに)
  3. 伝える努力
  4. 利益率
  5. お店を続けること

これ当たり前やんって思われるかもしれませんが、多くのお店ではじめはできてたのに途中でやめてしまうことが多い項目もあるんですね。
特に手書きのメッセージは多くのお店で嫌がられます。

  • 書くのが大変
  • 最初はできても売れてきたらできなくなる
  • 字が汚いから嫌

といったことが主な理由なんですけどね。

でも印刷すれば済むものを「わざわざ」書いて届けてくれるお店、それだけでも信頼したくなりませんか?

最後に

夜の懇親会などと違ってお酒も入らないので、ちゃんと話ができますしね。
次回はもうちょっと懇親タイムを長めにとってほしいなぁ、と思いますが。
こういったセミナーは普段お会いできないような他店の店長さんとざっくばらんに色んなお話ができるのがいいですね。
カラーミーさんらしいというかペパボらしい、ゆるゆるで非常に有意義で楽しいイベントでした。

広告を非表示にする

スポンサーリンク

当ブログ「自分のサイト名」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Copyright © 2015 PPnR inc. All Rights Reserved.
すべての文章並びに画像等、著作物の盗用および不正利用、転載を禁止します。